ばるぼら(手塚治虫漫画)のあらすじは?

 

2019年に映画公開が予定されている「ぼるばら」。原作はあの漫画界の巨匠、手塚治虫先生ですが、こんな大人作品を残されていた何で意外に思った方も多かったのではないでしょうか?!

もともと小学館の「ビッグコミック」で1973年(昭和48年)7月から1974年(昭和49年)の5月まで連載されていた作品です。約45年という、半世紀近い時を経て実写化されるというのはある意味凄いことなのではないでしょうか?!50代以上の世代の方には懐かしく覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんね。

しかも監督は、手塚治虫先生の息子さんでもある、手塚眞監督というのも世代を超えて受け継がれているのが分かりますよね。そしてキャストが稲垣吾郎さんに二階堂ふみさんという豪華さ!

50代よりも若い世代にとっては、作品やあらすじを含めて知らない世代も多いかと思います。日本を代表する漫画家、手塚治虫先生の世界観を楽しむとともに、映画を楽しむ前にあらすじも知っておきたいところですね。

 

ばるぼら(手塚治虫漫画)のあらすじは?

 

「ばるぼら」のあらすじを簡単に紹介します。

主人公は美倉洋介。かつては小説化として名声を手にしたこともあったが、異常性欲に悩まされているという青年です。そんな美倉が、新宿駅で拾った娘がバルボラでした。

バルボラはアルコール依存で自堕落な女性で美倉の家に住み着くようになりましたが、バルボラが居つくようになってから美倉の才能は再び目覚めるようになります。お互いの魅力に気が付き、ついに結婚というタイミングで二人は引きはがされてしまいます。

時がたち、美倉は別の女性と結婚もして子供も授かりましたが小説はさっぱりのまま。そんなときバルバラの噂を聞き、美倉はバルボラを誘拐しますが、事故で死別してしまいました。そんな状況下で、小説「ばるぼら」を書き上げた美倉、再び時がたち「ばるぼら」は大ベストセラーになるのですが。。。

というストーリーあらすじです。映画では実写化されるときにあらすじが少し違ってくるかもしれませんし、漫画のストーリーを忠実に再現するかもしれませんが、そのあたりも含めて原作との比較も楽しみですね。

 

ばるぼら(手塚治虫映画)の原作を無料試し読みできる?

 

手塚治虫氏の「ばるぼら」の原作漫画を無料試し読みできる方法はあるのでしょうか?

原作を先に読んであらすじや登場人物を理解しておけばより、実写映画の楽しめること間違いありませんね。

サービス①
▼クリック▼
【メリット】
  • 31日間無料お試し期間(通常は月額1,990円)
  • 無料登録時にもらえる600ポイントをつかって漫画を読める
  • ポイント超過分は40%還元
  • 動画14万本の国内最大級コンテンツ
  • 4アカウントまでOK(家族で共有)
  • 動画ダウンロード可能(オフライン時)
  • 1,200円分ポイント(毎月継続時)

【注意点】

  • 一部漫画によっては600円を超えるものもある(「ばるぼら」は864円)
サービス②
▼クリック▼

※「ばるぼら」と検索すれば作品が見つかります

【メリット】
  • 3,000作の無料漫画が解放
  • ほとんどの漫画が無料試し読み可

無料登録(無料会員)だけでも下記特典あり↓

  1. 会員限定の無料漫画読み放題
  2. 初回半額クーポン
  3. 来店ポイントがもらえる
サービス③

FOD(フジテレビオンデマンド)

※「ばるぼら」と検索すれば作品が見つかります

【メリット】

  • 1か月無料お試し期間(通常は月額888円)
  • 無料登録時でも最大1,300ポイントをGET(自動付与100ポイント+キャンペーン日400ポイント×月3回)

【注意点】

  • キャンペーン日(【8】の付く日)にログインしてポイントをもらう必要がある

おススメします!

 

■こんな記事も読まれています!

 

 

おすすめの記事